上へ
文字コードをUTF-8からShiftJisに変換し、リダイレクトで転送します
文字コード変換CGI v1.02
(フリーソフト)
  • 文字コード変換(UTF-8→Shift-JIS)し、URLにリダイレクトで転送します。
  • ブログやWordPressなど、UTF-8のHTMLページからShiftJisのCGIやPHPにデータを送信するCGIです。
  •  
  • UTF-8の画面に入力フォーム<FORM>を記述し、Shift-Jisのプログラムにデータを送信しても文字化けしません。
  • リダイレクトなので転送時のタイムラグが非常に少ないです。
  •  
  • ChamaCargoや不動産CGI、まがシステム、フォームメールPHPなど
  • 様々なPHPやCGIへの入力フォームをUTF-8の画面に設置出来るようになります。
動作の概要
  • UTF-8にFORMタグを記述し、日本語を入力すると文字化け(×_×)
  • 入力フォーム(UTF-8のページ) → ShiftJISのCGIやPHP → ×文字化け
  • ※文字化けを解消するためには、UTF-8のページからShiftJisのページにリンク(移動)するか、IFRAMEでShiftJisの画面を表示しなければなりません。
  •  
  • 文字コード変換CGIを使用すると文字化けしません
  • 入力フォーム(UTF-8のページ) → 文字コード変換転送CGI →(リダイレクト)→ ShiftJISのCGIやPHP → ○文字化け無し
  • ※転送はリダイレクトなのでタイムラグが非常に少ないです。
サンプル・デモ画面
バージョン情報
  • v1.02.01 「&w=s」を送信しないよう修正
  • v1.02.00 Shift-JISのページからの送信に対応(name="w" value="s"の追記が必要)
  • v1.01.00 Perl 5.26.0に対応(カレントディレクトリ削除に対応)
  • v1.00.00 文字コード変換&URL転送CGIを公開しました。
免責事項・動作環境
  • <免責事項>
  • ・ダウンロードにあたり、ChamaNetの免責事項に同意する必要があります。
  • (ダウンロードした時点で同意したものとみなします)
  • ・全てのブラウザや機種を保証するものではありません。
  • ・リダイレクトなのでタイムラグは非常に少ないですが、プログラムの起動等のタイムラグは発生します
  •  
  • <動作環境>
  • ・Perl5が動作するWEBサーバーが必要です。
ダウンロード
設定設置方法
  • 1.ダウンロード、解凍します
  • 2.index.cgiをメモ帳で開き、19行目の転送先CGI等のURLを書き換えます
  • 3.FTPソフトで、index.cgi及びJcode.pmを転送し、index.cgiのアクセス権を設定します
  • (アクセス権はサーバーによって異なりますが、700又は755で動作するサーバーが多いです)
  • 4.動作を確認します
  •  
  • ※index.cgi、Jcode.pm以外のhtmlファイル等はサンプルですので、サーバーに転送する必要はありません

  • 連絡先
  • ChamaNet
  • 〒737-0024
  • 広島県呉市宮原11丁目2−25
  • TEL: 0823-69-4200

ChamaNet©CopyRight Chama.ne.jp