上へ
  • CustomerPHPは顧客管理用PHPです。担当者別にクラウドで顧客を管理
  • クラウド顧客管理PHP
  • バージョンアップ方法
v3.06→v3.09バージョンアップについて
  • 1.バックアップ
  •  全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
  • 2.ダウンロード・解凍
  •  v3.09バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します
  • 3.サーバーに転送
  •  FTPソフト等で新しいディレクトリを作成し、解凍したファイルをサーバーに転送します
  •  必要に応じてファイルやフォルダのアクセス権を設定します
  • 4.動作確認
  •  動作を確認します
v2.52→v3.06バージョンアップについて
※全てのデータファイルの文字コードをUTF-8に変換する必要があります。
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 v3.06をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で新しいディレクトリを作成し、解凍したファイルをサーバーに転送します。
必要に応じてファイルやフォルダのアクセス権を設定します。
4.データファイルの移設 バックアップファイルを複製した後、各種フォルダ内のファイルの文字コードをUTF-8に変換します。
新しく設置したCustomerPHPにFTPで転送し、上書きします。
4.管理画面の設定 必要に応じて設定して下さい。
5.動作確認 動作を確認します。
v2.48→v2.52バージョンアップ方法
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で解凍したファイルをサーバーに転送します。
追加になったファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 スタイルシートが変わっています。
必要に応じて設定して下さい。
5.動作確認 動作を確認します。
v2.42→v2.48バージョンアップ方法
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で解凍したファイルをサーバーに転送します。
4.管理画面の設定 見積書等に担当者名を掲載したい場合、各文書のテンプレートに %CHARGE% のアイコンを追加します。
5.動作確認 料金情報の入力など、動作を確認します。
v2.35→v2.42バージョンアップ方法
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で解凍したファイルをサーバーに転送します。
追加になったフォルダのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 「2-1.基本情報の設定」に入室し、変更点が無くても、送信ボタンを押します。
5.動作確認 予約情報、クレーム情報の入力など、動作を確認します。
v2.31→v2.35バージョンアップ方法
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 v2.31→v2.35バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で解凍したファイルをサーバーに転送します。
追加になったフォルダやファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 標準デザインが変更になっています。
必要に応じて、スタイルシートを設定して下さい。
5.動作確認 予約情報、クレーム情報の入力など、動作を確認します。
v2.20→v2.31バージョンアップ方法
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 v2.20→v2.31バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で解凍したファイルをサーバーに転送します。
追加になったフォルダやファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 「2-1.基本情報の設定」の「(8)画面の表示幅」を「98%」のように修正すると、閲覧しやすくなります。
5.動作確認 料金入力など、動作を確認します。
v2.07→v2.20バージョンアップ方法
1.バックアップ 全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
2.ダウンロード・解凍 v2.07→v2.20バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.サーバーに転送 FTPソフト等で解凍したファイルをサーバーに転送します。
追加になったファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 料金一覧に複数月分を表示したい場合、「2-1.基本情報の設定」の(10)表示月数を設定します。

料金入力情報に「年月日」を使用したい場合、「2-12.料金入力画面の設定」から自由項目を設定します。
「自由項目1」は料金一覧に表示されますので、年月日にしてご利用頂くと日付順の並び替えが出来るようになります。、
5.動作確認 顧客登録や料金入力など、動作を確認します。
v1.12→v2.07バージョンアップ方法
ダウンロード・解凍 v1.12→v2.07バージョンアップ用をダウンロードします
バックアップ サーバー内の全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
サーバーに転送 解凍したフPHPァイルを全て転送し、上書きします。
アクセス権の設定 追加されたファイルやフォルダのアクセス権を設定します。
管理画面の設定 料金情報等を使用したい場合、「2-1.基本情報の設定」の(8)の表示幅を960程度に設定し、(12)以降の消費税等を設定します。
「2-12」「2-13」を設定すると、料金情報の入力やお見積書等の編集が出来ます。
動作確認 動作を確認します
v1.08→v1.12バージョンアップ方法
ダウンロード・解凍 v1.08→v1.12バージョンアップ用をダウンロードします
バックアップ サーバー内の全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
サーバーに転送 解凍したフPHPァイルを全て転送し、上書きします。
アクセス権の設定 追加されたファイルやフォルダのアクセス権を設定します。
動作確認 動作を確認します
v1.05→v1.08バージョンアップ方法
ダウンロード・解凍 v1.05→v1.08バージョンアップ用をダウンロードします
バックアップ サーバー内の全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
サーバーに転送 解凍したフPHPァイルを全て転送し、上書きします。
動作確認 動作を確認します
v1.00→v1.05バージョンアップ方法
ダウンロード・解凍 v1.00→v1.05バージョンアップ用をダウンロードします
バックアップ サーバー内の全てのファイルをダウンロードし、バックアップを取ります
サーバーに転送 解凍したフPHPァイルを全て転送し、上書きします。
管理画面の設定 WEBからの登録機能をONに設定したい場合は、「2-1.基本情報の設定」の「(5)ユーザー登録」を「ユーザーの登録を許可」に設定します。
動作確認 動作を確認します

  • 連絡先
  • ChamaNet
  • 〒737-0024
  • 広島県呉市宮原11丁目2−25
  • TEL: 0823-69-4200

©CopyRight chama.ne.jp All Rights Reserved