ご注文はこちらから


ReservedCGI
(バージョンアップ方法)

v3.93→v3.96
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.64バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 新しい機能など、必要に応じて、管理画面から設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.82→v3.93
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.64バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 新しい機能など、必要に応じて、管理画面から設定します。
標準のスタイルシートが変更になりました。
ダウンロード画面から「高機能予約システムv3.82用テンプレートなど」をダウンロードし、サーバーに転送すると標準版と同じデザインに出来ます。(テスト用サンプルのCSSと同じ内容です)
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.72→v3.82
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.64バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 新しい機能など、必要に応じて、管理画面から設定します。
標準のスタイルシートが変更になりました。
ダウンロード画面から「高機能予約システムv3.82用テンプレートなど」をダウンロードし、サーバーに転送すると標準版と同じデザインに出来ます。(テスト用サンプルのCSSと同じ内容です)
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.64→v3.72
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.64バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 新しい機能など、必要に応じて、管理画面から設定します。
標準のスタイルシートが変更になりました。
ダウンロード画面から「高機能予約システムv3.72用スタイルシート」をダウンロードし、入れ替えると標準版と同じスタイルシートに出来ます。(テスト用サンプルのCSSと同じ内容です)
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.58→v3.64
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.64バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 新しい機能など、必要に応じて、管理画面から設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.48→v3.58
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.58バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 追加された機能を使用したい場合は管理画面から設定します。

※標準版のスタイルシートが変更になっています。

バージョンアップ作業後、必要に応じて編集して下さい。

※標準版のHTMLトップ、左メニュー、HTMLラストが変更になっています。
サンプルと同じデザインにしたい場合、サンプルのHTMLトップ等の設定画面を参考に、管理画面から設定して下さい。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.46→v3.48
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.48バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 追加された機能を使用したい場合は管理画面から設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.41→v3.46
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.46バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 追加された機能を使用したい場合は管理画面から設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.39→v3.41
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.41バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 追加された機能を使用したい場合は基本情報等を設定します。
テンプレート、スタイルシートなどを標準版に合わせたい場合は、テスト用サンプルのデータを参考に設定して下さい。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.37→v3.39
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.39バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 追加された機能を使用したい場合は基本情報等を設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.34→v3.37
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.37バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 IFRAME用商品一覧を使用する場合、「2-23.IFRME用商品一覧画面の編集」を設定し、「4-10.IFRME用商品一覧画面」の画面をIFRAMEやSSIなどで表示します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.26→v3.34
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.34バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.管理画面の設定 標準版のようなデザインに対応したい場合、詳細画面やHTMLヘッダーなどのテンプレートとスタイルシートを編集する必要があります。
テスト用サンプルの設定内容をコピーしても良いです。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.22→v3.26
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.26バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.18→v3.22
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.22バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.13→v3.18
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.18バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
追加になったCGIファイルのアクセス権を設定します。
4.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.10→v3.13
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.13バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.03→v3.10
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.10バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.管理画面の設定 商品一覧に、価格順、新着順の並び替えボタンを表示させたい場合、管理画面の「2−7.一覧画面の編集」の「一覧画面の見出し」の任意の場所に
 %SORTNEW% ・・・新着順
 %SORTPRICE% ・・・価格順
を追記します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v3.01→v3.03
1.バックアップ サーバーに接続し、全てのファイルのバックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.03バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
(必須)
4.管理画面の設定
重要!
お客様情報の「お名前」等の入力が外れています。
管理画面の「1−6.お客様情報の設定」の「お名前」「ふりがな」「TEL」「E-mail」「ご住所」の項目のチェック、必須項目のチェックを必要に応じて入れて下さい。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v2.06→v3.01
1.バックアップ サーバーに接続し、「data」「detail」「order」内のデータファイルの全てをダウンロードし、バックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v3.01バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.アクセス権 転送したファイルのアクセス権を設定します。
5.管理画面の設定 キャンセル機能を使用したい時は、「1−1.基本情報の変更」の「・キャンセル機能の設定」を設定します。
6.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v2.04→v2.06
1.バックアップ サーバーに接続し、「data」「detail」「order」内のデータファイルの全てをダウンロードし、バックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v2.06バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.アクセス権 転送したファイルのアクセス権を設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v2.02→v2.04
1.バックアップ サーバーに接続し、「data」「detail」「order」内のデータファイルの全てをダウンロードし、バックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v2.04バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.アクセス権 追加されたファイルのアクセス権を設定します。
5.管理画面の設定 管理画面の「1-11」「4-13」から確認画面の設定を行います。
特定商取引法の改正により、返品等の記述が必要になりました。
必要に応じて、文面を編集して下さい。
返品の記述が不要な場合は、表示する文面を削除すると表示されません。
6.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v2.00→v2.02
1.バックアップ サーバーに接続し、「data」「detail」「order」内のデータファイルの全てをダウンロードし、バックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v2.02バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.アクセス権 追加されたCGIファイルのアクセス権を設定します。
5.動作確認 申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

v1.00→v2.00
1.バックアップ サーバーに接続し、「data」「detail」「order」内のデータファイルの全てをダウンロードし、バックアップを取っておきます。
2.ダウンロード v2.00バージョンアップ用をダウンロードし、解凍します。
3.FTPで転送 解凍したCGIファイル等をFTPでサーバーに転送します。
4.アクセス権 追加されたCGIファイル、データファイル、フォルダのアクセス権を設定します。
5.管理画面の設定 1.「1−1.基本情報の設定」の共通オプションと商品別オプションの数値、画像フォルダのパスを設定します。

新しく「upimage」フォルダが追加されましたので、アップロードする画像フォルダを「upimage」に指定することが出来ます。
「upimage」フォルダに指定した場合、既存の画像は「image」内に商品番号のフォルダで保存されていますので、「upimage」フォルダに移動させると表示することが出来るようになります。

2.「4.携帯管理メニュー」の全てを設定します。

3.「1−11.お問合せの設定」の「送信メール」内の任意の場所に「%COM%」を追加します。
6.動作確認 PCのお問合せ、携帯の各画面及びお申し込み、お問合せが正常に動作することを確認します。

ご注文

HOMEソフト一覧免責事項特商法ダウンロード料金表ご注文Q&A掲示板お問い合わせ
©CopyRight 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved