ChamaNet
 ChamaNetのQ&Aです
お問い合わせ、カスタマイズやお見積のご依頼はE-mailお問い合わせから
お問い合わせ
  • ご連絡、お問い合わせはこちら
mark閲覧の多い質問
mark閲覧数ランキング

キーワード検索
  • and or

カテゴリー一覧
CGI、PHP等の開発のお見積り
Question 36.古いバージョンから一度に最新バージョンにバージョンアップ出来ますか?
line
Answer 可能ですが、注意が必要です。
line
line
Detail
バージョンアップ版は使用中のデータを消すことも無く、そのまま上書きするとバージョンアップできるように作成していますが、通常版は全ての初期値のデータが入ったファイルになっています。
(バージョンアップ版ではな)最新版などで上書きすると既存のデータが初期値に戻ってしまいます。
既存のデータが消えてしまうことの無いよう、必ずバックアップを行なってから作業を行なって下さい。

<ポイント!>
1.必ずバックアップを取ってから作業を始める
2.サーバー内のデータファイルは上書きしない
3.最新版のディレクトリ構造と比較し、サーバー内に不足しているファイルがあれば追加する
4.CGIなどのプログラム(*.cgi、*.php、*.pm、*.pl )は全て入れ替える
5.追加になったファイルのアクセス権を設定する
6.管理画面の初期設定メニューを見直す
7.過去のバージョンアップ方法を見て、管理画面から設定しなければならない部分を設定する
8.お問い合わせや注文などを行い、動作を確認する

不動産CGIの場合
「data」フォルダ内の「gmap.htm」や「gmapf.htm」などの拡張子が「htm」(又は「html」)になっているファイルはGoogleマップ用のテンプレートですので、全て最新版に入れ替えます。

バージョンアップ方法の詳細は下記のとおりです。
バージョンアップ方法1
CGIファイルを全て入れ替え、不足しているファイルやフォルダを追加する方法
1.運用中のCGIファイルやデータファイルの全てをFTPでバックアップを取る。
2.最新版(通常版)をダウンロード、解凍する。
 バージョンアップ版ではなく、標準版をダウンロードします。
3.データファイルやフォルダなどを追加する
 CGIで使用するデータファイルや画像は「data」等のフォルダに入っています。
 サーバー内のディレクトリ構造と比較し、追加されているファイルやフォルダだけFTPでサーバーに転送し、アクセス権を設定します。
 (サーバー内のデータデータファイルを上書きするとデータが消えてしまいます)
4.全てのプログラムを入れ替える
 FTPでCGIファイル等(*.cgi、*.php、*.pm、*.pl)のプログラム用のファイルは全て転送し、上書きします。
 追加されたCGIファイルはアクセス権を設定します。
5.管理画面に入室し、「初期設定メニュー」の全ての設定を行う。
「1.基本情報の変更」などの全てのメニューに入室し、変更点が無くても、必ず1度は「送信」ボタンを押します。(送信ボタンを押すことで旧データファイルがバージョンアップされます)
6.データ送信、メール送信などの動作確認、セキュリティ上の問題などを確認する。
7.その他、バージョンアップの際に管理画面からHTMLタグなどを追加する必要がある場合もありますので、過去のバージョンアップ方法を閲覧し、管理画面の設定方法などが掲載されていれば実行します。
8.動作を確認します。

バージョンアップ方法2
古いバージョンを削除し、新しく標準版を設置した後、旧データを引き継がせる方法
1.運用中のCGIファイルやデータファイルの全てをFTPでバックアップを取る
2.最新版(通常版)をダウンロード、解凍する
3.旧CGIのファイルとフォルダを全て削除します。
4.旧CGIの設置場所に最新版を設置します。
5.旧CGIのデータファイルのみサーバーに転送し、上書きします。
6.動作を確認します。
7.その他、バージョンアップの際に管理画面からHTMLタグなどを追加する必要がある場合もありますので、過去のバージョンアップ方法を閲覧し、管理画面の設定方法などが掲載されていれば実行します。
8.動作を確認します。

バージョンアップ方法3
新しく標準版を設置し、旧データを引き継がせ、動作確認を行った後、フォルダ名を変更して古いバージョンと入れ替える方法
1.運用中のCGIファイルやデータファイルの全てをFTPでバックアップを取る
2.最新版(通常版)をダウンロード、解凍する
3.新しくフォルダを作成し、最新版を設置します。
4.旧CGIのデータファイルのみサーバーに転送し、上書きします。
5.動作を確認します。
6.旧CGIをフォルダごと削除し、新しく設置したCGIのフォルダ名を旧CGIのフォルダ名に変更します。
7.その他、バージョンアップの際に管理画面からHTMLタグなどを追加する必要がある場合もありますので、過去のバージョンアップ方法を閲覧し、管理画面の設定方法などが掲載されていれば実行します。
8.動作を確認します。

※v5.00より古いバージョンからのバージョンアップ
v5.00より古いバージョンとv5.00以上のバージョンではカテゴリの仕様が異なります。
バージョンアップすると、大小のカテゴリが全て大カテゴリになりますので、下記の手順で、カテゴリ番号を新バージョンに合わせて下さい。
1.ChamaCargoをバージョンアップします。(バージョンアップ方法1〜3のいずれか)
2.管理画面の運用メニューの「重要ファイルのバックアップ」からバックアップを取ります。
3.バージョンアップ処理用プログラム(vup.cgi)にアクセスします。
管理画面のURLが「http://www.aaaa/cargo/kanri.cgi」の場合、

http://www.aaaa/cargo/vup.cgi?in_pass=管理者パスワード

のURLでアクセスします。
2.バージョンアップ作業画面から下記のメニューを実行します。
 カテゴリ情報のバージョンアップ
 商品情報ファイルのバージョンアップ
 商品管理者情報ファイルのバージョンアップ
3.管理画面や商品一覧などで.カテゴリの表示内容を確認します。


line
Mark
starstarstarstarstar 平均:3.80
(内訳)
  • starstarstarstarstar3
  • starstarstarstarstar0
  • starstarstarstarstar1
  • starstarstarstarstar0
  • starstarstarstarstar1
  • とても役に立った 1 全く役に立たない
line
Mark
line
Comment 全0件
  • お名前
  • 投稿には免責事項の同意が必要です。
    必ず免責事項 をお読み下さい。
  • 同意する。 同意しない。

不動産CGIがお勧め

ショッピングカートCGI

HOMEソフト一覧Q&A一覧掲示板免責事項特定商取引法ダウンロード料金表ご注文お問い合わせ
QandaCGI © CopyRight chama.ne.jp